法務省は31日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた「第14回国連犯罪防止刑事司法会議」(コングレス)を来年3月7~12日に京都市の国立京都国際会館で開催すると発表した。会場での感染症対策を徹底するほか、来日しなくてもオンラインで参加できるようにする。

 5年に1回開催されるコングレスは犯罪防止・刑事司法分野での国連最大の国際会議。日本では1970年に開催されて以来、半世紀ぶりに今年4月20~27日、京都国際会館で開く予定だった。

 会議では、各国の司法担当閣僚や検事総長らがテロ対策や再犯防止を議論し宣言をまとめる。