【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は30日、ソニー関連企業や国際機関などを標的にサイバー攻撃したとして北朝鮮、ロシア、中国の3団体と6個人に対する資産凍結とEU渡航禁止の制裁を行うと発表した。EUがサイバー攻撃に絡み制裁するのは初めて。

 北朝鮮の団体は輸出関連企業「朝鮮エクスポ」。身代金要求型ウイルス「ワナクライ」によるEUなど世界中の情報システム混乱やバングラデシュの銀行からのサイバー窃盗、ソニーの米子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへのサイバー攻撃に関与したとしている。