【ニューヨーク共同】米公民権運動の象徴的存在で、17日に80歳で死去した黒人の民主党下院議員ジョン・ルイス氏の葬儀が30日、地元の南部ジョージア州アトランタの教会で営まれた。黒人のオバマ前大統領に加え、ブッシュ(子)、クリントン両元大統領の大統領経験者3人も参列し、党派を超えて生涯にわたり差別撤廃を訴え続けた不屈の闘士を悼んだ。

 オバマ氏は、星条旗が掛けられたルイス氏のひつぎを前に演説。ルイス氏が暴行被害や投獄など度重なる試練にも「決して諦めなかった」とした。自由と平等のために闘い続けた功績を「米国はルイス氏のような人々によってつくられた」と称賛した。