【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日の記者会見で、多くの国では新型コロナウイルス感染症による死者の40%以上が、老人ホームなどの高齢者施設で亡くなっていると明らかにした。高所得国の一部では、この割合が80%に達している国もあるとしている。

 新型コロナは、基礎疾患がある高齢者は重症化しやすく、若年層は軽症で済むことが多いことが分かっている。だがテドロス氏は「一部の国では、警戒を緩めた若者によって感染が急拡大している」と指摘し、世代を問わず拡大防止に向けた行動を取るよう求めた。