安倍晋三首相は30日夜、自民党の岸田文雄政調会長と東京都内のホテルで1時間半以上にわたり会食した。2人の会食は3月18日以来。関係者によると、「ポスト安倍」を目指す岸田氏が出馬に意欲を示す次期総裁選や、秋に予想される内閣改造・党役員人事、衆院解散・総選挙を巡り意見交換した。新型コロナウイルスの感染終息に向け緊密に連携する方針も確認した。

 政府、自民党内には今秋の衆院解散を求める声も一部であるが、首相と岸田氏の間で、時期に関する突っ込んだやりとりがあったかどうかは不明だ。

 岸田氏はその後、二階俊博幹事長と都内の中華料理店で会食した。