大阪府は30日、新たに190人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に確認された人数としては、29日の221人に次いで2番目に多かった。22日以来ほぼ連日100人を超えており、感染者の急増傾向が続いている。

 府独自の状況判断基準「大阪モデル」では、12日から警戒を呼びかける黄信号の第1段階に入っている。今後は病床使用率に応じて第2段階に移行し、感染症対策を取らない一部施設に休業を要請する可能性がある。

 府は現在、3密回避などの感染症対策を府民に呼びかけており、8月1日からは飲み会の人数を4人までにするよう要請している。