リニア中央新幹線に関する自民党の特別委員会が30日開かれ、未着工の静岡工区を巡ってJR東海の金子慎社長から事情を聴いた。出席議員からは、工事に反対する静岡県への丁寧な説明を求める声が相次ぎ、金子氏は「真摯に対応する」と応じた。

 特別委の古屋圭司委員長は記者団に「JR東海は公共交通機関として、市民に寄り添う意識を徹底してもらう必要がある」と強調した。

 会合は非公開。古屋氏によると、金子氏は工事の現状や静岡県との交渉経過を説明。県が懸念する水資源への影響回避を徹底し、損害が生じた場合は補償するとの考えを改めて示した。