政府は30日、成長戦略を議論する未来投資会議を前回よりも参加メンバーを拡大して再始動した。新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぎながら、経済活動をどのように両立させていくかを探る方針。接触機会を減らすための在宅勤務の拡大や、東京一極集中の是正といった新たな社会像についても議論する。

 議長を務める安倍晋三首相は新型コロナを踏まえて「新たな日常に向けて成長戦略も検討を進めていく必要がある。未来に向けた社会変革の契機とするため、政府も環境整備を検討する」と述べた。年内に中間報告を、来年夏に最終報告をそれぞれ取りまとめることを目指す。