パナソニックが30日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が98億円の赤字(前年同期は497億円の黒字)に転落した。第1四半期の赤字は東日本大震災が発生した11年以来、9年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、自動車や航空機向け部品などの生産が落ち込んだ。7月以降は回復に向かうとみており、21年3月期の通期は前期比55・7%減の1千億円と黒字を確保できると見込んだ。

 同じ電機業界では、30日に4~6月期決算を発表した日立製作所と富士通が増益で、三菱電機も大幅減益ながら黒字だった。パナソニックの苦境は際立っている。