衛星利用測位システム(GPS)の機器を相手の自動車に無断で取り付けて位置情報を知ることが、ストーカー規制法の禁じる「見張り」に当たるかどうかが争われた二つの事件の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は30日、見張りに当たらないとの初判断を示した。その上で、見張りに当たると主張した検察側の上告をいずれも棄却した。

 ストーカー規制法は、相手の住居や勤務先など「通常所在する場所」の近くで見張ることを禁じているが、GPSに関して明確な規定がない。GPSを使ったストーカー事件は相次いでおり、法改正を求める声が高まりそうだ。