立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は30日、両党が合流した場合の新党の綱領と党規約の作成に向けた初の協議を国会内で開き、速やかな取りまとめを目指す方針で一致した。協議後、福山氏が記者団に明らかにした。

 両党は新党名の選考方法を巡って対立しており、綱領作成を先行させて合流の機運を高める狙い。協議には立民の逢坂誠二、国民の泉健太両政調会長も同席。両党の綱領を読み合い、内容を確認した上で、議論の進め方について意見交換した。

 今後、国民の玉木雄一郎代表が事前に認識を一致させるべきだと提起した消費税減税と憲法への考え方を巡っても協議する予定。