鹿児島県での年内開催を断念した第75回国民体育大会と第20回全国障害者スポーツ大会を巡り、鹿児島県の塩田康一知事が週内にも、佐賀県の山口祥義知事と会談することが30日、分かった。佐賀は2023年の国体開催が内定しており、23年に鹿児島で開催し、佐賀を24年に延期する案を軸に協議する見通し。

 この案では、24年に内定している滋賀県も25年に先送りするなど、開催地を1年ずつ順送りとする。

 鹿児島大会は今年10月に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1946年の第1回大会以来、史上初となる国体本大会の延期が決定していた。