サッカーJ1の名古屋は30日、選手やスタッフら100人が新型コロナウイルス感染を調べるためのPCR検査を受け、全員陰性だったと発表した。練習時のクラブハウス使用も再開した。検査は29日に行われた。

 名古屋は6月に2選手が感染し、7月も24日以降に2選手とスタッフ1人の感染が判明したため、26日の広島戦(エディオンスタジアム広島)が中止となった。これを受けて27日に緊急で実施された検査でも、選手寮の調理業務スタッフ1人が陽性反応を示していた。

 31日にはリーグの公式検査が予定されており、名古屋は万全を期して8月1日の柏戦(豊田スタジアム)へ臨む。