30日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに小幅反発した。前日の米株高を好感し、買いが先行した。上げ幅は一時100円を超えた。

 午前終値は前日終値比11円18銭高の2万2408円29銭。東証株価指数(TOPIX)は3・25ポイント安の1545・79。

 前日のニューヨーク株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の結果を受けて金融緩和が長期化するとの見方からダウ工業株30種平均が反発。東京市場でも追い風となった。

 一方、国内では29日の新型コロナウイルスの新規感染者が千人を突破。東京以外でも増加傾向が顕著となり、相場の重しとなった。