【ロサンゼルス共同】米西部オレゴン州のブラウン知事(民主党)は29日、人種差別問題を巡る抗議活動の激化を受け同州ポートランドに展開している連邦治安要員の撤収にトランプ政権(共和党)が同意したと明らかにした。30日から撤収を始め、代わって「州警察当局が住民の言論の自由を保障し、平和を守る」とした。

 国土安全保障省も合意を公表したが「連邦治安要員は政府施設に対する暴力行為がやむまで滞在を続ける」と説明。混乱が早期に収束するかどうかは不明だ。

 ブラウン氏はツイッターを通じ、治安要員が「占領部隊のように振る舞い、暴力を持ち込んだ」と強権的な手法を改めて非難した。