災害時にいち早く被災地の現状を把握するのに役立てようと、島根県警は30日、無料通信アプリLINE(ライン)を通じて住民から情報提供を求める公式アカウント「島根県警災害情報BOX」を開設した。県警は「警察がラインを活用して災害情報を収集するのは全国初」としている。

 住民は、あらかじめラインで公式アカウントを「友だち」に登録。災害時に川の氾濫や土砂崩れなどを目撃した際、写真や動画で被害状況を送信してもらう。

 災害対策担当の宇畑佳明警部は「警察官が行けない場所にいる住民らがラインで情報提供できれば、被害状況を知ることができ、警備活動に生かせる」と話している。