【北京共同】中国共産党中央規律検査委員会と国家監察委員会は30日までに、中国文化観光省の李金早次官を調査していると発表した。規律や法律に違反した疑いがあるとしている。

 李氏は日中の観光交流にも関わり、過去に自民党の二階俊博幹事長らとも会談。国家観光局長だった2015年には、4年ぶりの日中韓観光担当相会合に出席している。

 中国メディアによると、李氏は直前まで海南省で政府の貧困脱却プロジェクトに関する監督の任に当たっていた。