東京都八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が射殺された事件は30日、未解決のまま25年を迎えた。銃弾5発、被害者を縛った粘着テープなどの遺留品が見つかっているが、犯人像は絞り込めていない。警視庁八王子署捜査本部は「被害者の無念を晴らすため情報提供を」と求めている。

 事件は1995年7月30日夜、閉店直後の「ナンペイ大和田店」(当時)の2階事務所で発生。アルバイトの高校生矢吹恵さん=当時(17)、前田寛美さん=同(16)、パートの稲垣則子さん=同(47)=が頭や顔を至近距離から撃たれた。

 情報提供は八王子署、電話042(621)0110。