ヤクルトは0―1の四回に村上の5号2点本塁打で逆転し、六回は塩見のソロで加点した。5回を1点に抑えた原が、長谷川やマクガフらの好リリーフもあって2勝目。一回に先制した阪神はその後の再三の好機で畳み掛けられなかった。