農林水産省は29日、7月の豪雨による全国の農林水産関係の被害額が同日午後2時の時点で1058億円になったと発表した。42道府県からの報告をまとめた。被害は熊本を中心に九州に集中し、農業用施設や林野関係で目立つ。28日の東北地方の大雨でも新たな被害が出たとみられ、最終的な被害額はさらに膨らむ見込みだ。

 農水省は農家らへの必要な支援の検討を進めており、政府が月内にまとめる対策パッケージに盛り込む方針だ。

 農畜産物関係では133億5千万円の被害が確認された。水稲や野菜、葉タバコなどが冠水し、計約13万9千の牛、豚、鶏が水におぼれるなどして死んだ。