日本フェンシング協会は29日、全日本選手権の運営資金の一部をインターネットで募るクラウドファンディングで、目標の500万円を超えたと明らかにした。今後も支援を募り、目標を800万円に引き上げて選手の賞金に充てるという。大会は新型コロナウイルス対策のため9月に無観客で開催する。

 日本協会の太田雄貴会長は自身のSNSで「コロナで活動が鈍くなる時だからこそ、全力で動いて生き残らなくてはなりません。必ずチャンスがあると信じてこれからも頑張ります」としている。

 全日本選手権は9月17~19日に東京で準決勝まで行い、決勝は26日にオンライン形式で実施する。