将棋のアマチュア強豪、野原未蘭さん(16)は29日、大阪市の関西将棋会館で指された第28期倉敷藤花戦トーナメント3回戦で室田伊緒女流二段(31)を破り、ベスト8に進んだ。野原さんは規定により、女流プロ2級の資格を獲得した。

 女流プロになるには、養成機関の「研修会」で好成績を挙げるか、女流タイトル戦でベスト8に入ることなどが条件。対局後、野原さんは「勝ててすごくうれしい。これからは一局一局を大切にしたい」とプロへの決意を語った。今後、将棋連盟に資格申請書を提出し、受理されると正式に女流棋士となる。