【ワシントン共同】トランプ米大統領は28日の記者会見で、新型コロナウイルス対応を巡る自身への批判を念頭に「私は嫌われている。性格が原因なのだろう」と述べた。感染防止策の徹底を呼び掛け、国民に人気が高いファウチ国立アレルギー感染症研究所長に嫉妬心をあらわにした。

 トランプ氏は、ファウチ氏が新型コロナの政権対策チームの一員として働いていると強調。その上で「ファウチ氏は高い支持率を得ているのに、なぜ私は評価されないのだ」と不満を示した。11月に大統領選を控える中、新型コロナ対応で支持率を落としており、焦りを隠せないようだ。