JR九州と西日本鉄道は29日、両社の観光列車に乗って今月の豪雨で被災した福岡県大牟田市を訪れ、世界文化遺産の構成資産などを巡る日帰りツアーを9月10日に行うと発表した。福岡市を発着する。九州の観光業は新型コロナウイルスの感染拡大と、今月の豪雨で打撃を受けており、競合する鉄道大手2社が組んで活性化を目指す。

 旅行大手のクラブツーリズム(東京)が29日にツアーを発売した。東京居住者以外は政府の観光支援事業「Go To トラベル」を利用でき、割引後の参加料金は1人当たり1万8900円(大人、子ども同額)。