給与を担保に高額な手数料で現金を貸し付ける新手のヤミ金を営んだとして、大阪府警は29日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、自称会社員岩田俊一容疑者(29)=山形市成沢西=ら男女4人を逮捕した。「給与ファクタリング」と呼ばれる手口で、摘発は全国初。

 給与ファクタリングは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で困窮する人を中心に利用者が急増。実態は法外な利息を求める業者が多く、金融庁などが警戒を呼び掛けていた。

 捜査関係者によると、岩田容疑者らは「ブラックの方でも即日資金調達が可能」などと会社が運営する店のホームページで宣伝していた。