菅義偉官房長官は29日の記者会見で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)がこれまでに全国で550件発生し、厚生労働省のクラスター対策班を32都道府県、延べ77回派遣したと明らかにした。「早期にクラスターの発生を把握し、封じ込めていくことが重要だ」と強調した。

 550件は28日時点の総数で、自治体の発表を基に報道された事例を集計したと説明した。