自宅で当時3歳の長男に暴行して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職小野詩織被告(23)の裁判員裁判が29日、京都地裁(入子光臣裁判長)で開かれ、検察側が懲役7年を求刑した。判決は8月4日。

 検察側は論告で「日常的な暴力の末の犯行で、悪質性が高い。3歳の子どもが突然命を奪われ、未来を失った被害は重大」と指摘した。弁護側は執行猶予付き判決を求めた。

 起訴状などによると、小野被告は2018年12月5日、京都市の自宅で長男藤原慈安ちゃんを突き飛ばし後頭部に何かを打ち付けさせるなどの暴行を加え、同19日に同市の病院で低酸素脳症で死亡させたとしている。