【ニューヨーク共同】全米民生技術協会(CTA)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来年1月6~9日に米ラスベガスで予定していた世界最大級の家電IT見本市「CES」をオンライン形式で開催すると発表した。毎年、多くの日本企業が出展しており、新製品や協業の発表方法で影響を受けそうだ。

 シャピロ会長は声明で「新型コロナが世界的に流行し、衛生上の懸念が高まる中、来年1月上旬にラスベガスで何万人もの人を安全に招くことは不可能だ」と述べた。2022年はラスベガスで開く予定。

 CTAは、企業が製品やブランドを披露できるプラットフォームを提供するとしている。