【ワシントン共同】米国とオーストラリア両政府は28日、ワシントンで開いた外務・防衛閣僚協議(2プラス2)の終了後に共同声明を出し、中国による南シナ海での広範な領有権主張は「国際法に照らして無効だ」とそろって批判した。米中対立が激化する中、閣僚レベルで一致した見解を明確に打ち出し、中国の反発は必至とみられる。

 米豪は共同声明で、中国政府による香港国家安全維持法(国安法)施行や、新疆ウイグル自治区での少数民族に対する人権抑圧にも「深刻な懸念」を表明した。

 ポンペオ米国務長官は「オーストラリアと連携し、南シナ海での法の支配を重ねて主張していく」と強調した。