気象庁は29日、停滞する梅雨前線と低気圧の影響で、東日本や九州北部を中心に大雨になるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、朝鮮半島から東日本にのびる梅雨前線と新潟県佐渡市付近に停滞する低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となる。

 東北では29日昼にかけて局地的にやや強い雨が降り、東日本や九州北部では29日夕にかけて局地的に雷を伴った激しい雨や強い雨が降る所がある。

 30日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で九州北部100ミリ、関東甲信越60ミリ、北陸50ミリ。