【ニューヨーク共同】米ファストフード大手マクドナルドは28日、グループ会社を通じて保有している日本マクドナルドホールディングスの株式の一部を売却する方針を明らかにした。株式保有比率を50%近くから35%程度に引き下げる。財務の柔軟性を高めるのが狙い。

 米マクドナルドがこの日発表した2020年4~6月期決算は、売上高が前年同期比30%減の37億6150万ドル(約3950億円)、純利益は68%減の4億8380万ドルだった。世界全体の既存店売上高は24%減。英国やフランス、中南米の不振が目立った一方、日本はプラスを確保した。