【オーベールシュルオワーズ共同】フランスの「バン・ゴッホ研究所」は28日、オランダ出身の画家ビンセント・バン・ゴッホ(1853~90年)の最後の作品とされる「木の根と幹」で描かれた場所を特定したと発表した。パリ近郊オーベールシュルオワーズにあり、古い絵はがきの写真が手掛かりとなった偶然の発見だった。

 作品を所蔵するオランダ・アムステルダムのゴッホ美術館の専門家も、信ぴょう性が極めて高いと判断した。この作品を描いた日に自殺を図ったとされ、最晩年の行動に関して理解を深める発見と評価されている。