キヤノンが28日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が88億円の赤字(前年同期は345億円の黒字)に転落し、四半期ベースで初の赤字となった。新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務の増加で事務機などの販売が落ち込んだ。売上高は前年同期比25・7%減の6733億円だった。催しの中止でデジタルカメラなども低迷した。

 20年12月期業績予想も発表し、売上高は前期比14・3%減の3兆800億円、純利益が65・6%減の430億円とした。20年6月中間決算は売上高が17・8%減の1兆4556億円、純利益は80・1%減の130億円だった。