日本学生野球協会は28日、東京都内で審査室会議を開いて高校4件の処分を決めた。部員への暴力行為があった新川(富山)のコーチを6月9日から3カ月の謹慎とした。

 飯塚(福岡)の部長と監督は審査案件の報告遅れで、ともに7月6日から3カ月の謹慎処分を受けた。津和野(島根)の部長も報告遅れで7月22日から3カ月の謹慎。