住友ゴム工業(神戸市中央区)の子会社「住ゴム産業」(大阪市中央区)に勤務していた2015年9~10月、架空取引により現金約9千万円の損害を同社に与えたとして、警視庁捜査2課は28日、背任容疑で千葉市緑区、同社元社員の五嶋一人容疑者(50)を逮捕した。

 捜査2課によると、五嶋容疑者は11年ごろから50回以上、複数の取引先と資材を売買したとする、うその取引を繰り返していた。住ゴム産業に計約17億円を支払わせ、うち未回収の数億円が実質的な被害とみられる。

 架空取引により数千万円の利益を得たとみられ、容疑を認め「生活費や遊興費が欲しかった」と供述している。