静岡県の川勝平太知事は28日の記者会見で、リニア中央新幹線建設を巡り、国土交通省が設置した有識者会議の結論を尊重するとした一方で、会議の結論を県が独自に設置した専門部会で再度議論する必要があるとの考えを改めて示した。

 川勝知事は、国交省の有識者会議は「県民が安心できるようJR東海が資料を提供し、国が指導することが目的だ」と指摘しつつ、水資源や生態系への工事の影響について「県専門部会での議論を通し、県民の理解を得て初めて有識者会議の結論が尊重される」と強調した。