携帯電話各社は今春にサービスが始まった第5世代(5G)移動通信システムで、端末価格を従来の半額程度に抑えたモデルのスマートフォンを相次いで発売する。これまで10万円を超す高価格がネックとなって手が出しにくかった消費者の取り込みを図る。

 ソフトバンクは31日に6万8400円、KDDI(au)も8月以降に5万9980円の端末を発売。ソフトバンクは中国のOPPO(オッポ)、auは中興通訊(ZTE)製で、現行のラインアップでは最も廉価なモデルとなる。ドコモも今秋以降に5万~7万円程度の端末を投入する方針だ。