京都の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の嘱託殺人事件で、ALS患者林優里さん=当時(51)=の父親が28日、取材に応じ「娘から死にたいという話は全然聞いたことがなかった」と話した。

 父親によると、事件当日、ヘルパーから連絡を受けて慌てて駆け付けたという。「あまりに急なことで気が動転した」と話した。逮捕された容疑者の医師2人について聞かれると「控えさせていただきます」と言葉少なだった。