武田良太防災担当相は28日の衆院災害対策特別委員会の閉会中審査で、7月豪雨で被災した熊本県人吉市のホテルや旅館の補修工事を国費で負担し、高齢の被災者らを受け入れる避難所として活用する方針を明らかにした。県の要望を踏まえた対応。武田氏は、避難所として想定していたホテルなどが「大変な被害を受けた」と説明した。自民党の金子恭之氏への答弁。

 災害救助法は、避難所が足りないなどの理由で、既存施設を修理して使用せざるを得ない場合に応急修理費を公費負担できると定めている。

 内閣府と県、ホテル側が今後具体的な受け入れを調整する。