気象庁は28日、九州南部(宮崎県、奄美地方を除く鹿児島県)が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より14日、昨年より4日それぞれ遅い。1951年に記録を取り始めてから九州南部として3番目に遅い梅雨明けとなった。

 気象庁によると、九州南部は晴れている地域が多く、向こう1週間も太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

 梅雨期間(5月30日~7月27日)の降水量(速報値)は鹿児島県の屋久島で1880・5ミリに達した。他に鹿児島県阿久根市で1537・0ミリ、宮崎県都城市で1649・5ミリを記録し、それぞれ平年値の2倍を超えた。