【ワシントン共同】米公民権運動の象徴的存在で、17日に80歳で死去した民主党下院議員ジョン・ルイス氏の遺体が27日、首都ワシントンの連邦議会議事堂に安置された。追悼式典には上下両院から超党派で議員が参列し、別れを惜しんだ。ルイス氏は40回以上逮捕されても公民権運動を諦めなかった不屈の闘士。

 米国では白人警官による黒人男性暴行死事件で人種差別に抗議するデモが続いており、ルイス氏の功績に改めて注目が集まっている。 

 民主党の大統領候補に確定したバイデン前副大統領も27日、議事堂でルイス氏を追悼した。一方、トランプ大統領は追悼する考えはないと記者団に述べた。