【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は27日、与党共和党が新型コロナウイルス感染症を巡る新たな経済対策に関し、現状の失業給付上積みを減額し、計1兆ドル(約105兆円)規模の支援策を提案すると報じた。過剰な給付で職場に戻る動機が薄れることを懸念した。野党民主党は現行の上積み継続を求め、対策も3兆ドル規模を要求。隔たりは大きく、協議は難航しそうだ。

 失業給付の上積みは3月に成立した経済対策で実施し、今月末に期限を迎える。失業者への支援措置として週600ドル上積みした。ただ共和党は失業者の多くの給付が給与水準を上回ると問題視し、減額を求めている。