新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年より夏休みに親子で出掛ける予定が減る―。輸入玩具販売「ボーネルンド」が28日までにまとめた調査で、77・3%の母親がこう回答した。外出する範囲が狭まるとの答えも79・1%に上り、夏休みの親子での過ごし方は様変わりしそうだ。

 幼稚園年少から小学校低学年の子を持つ20~40代の母親を対象に7月初め、インターネットで調査し755人が答えた。

 出掛ける予定が減るとした理由は「行ける施設や場所に制限がある」(70・4%)が最も多く、「多くの人が集まる場所には行きたくない」(65・9%)が続いた。