【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は27日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響により、消耗症(深刻な低体重をもたらす重度の栄養失調)になる5歳未満の子どもが世界で1年間に670万人増えるとの推計を発表した。うち80%は南アジアやサハラ以南のアフリカだという。

 ユニセフによると、パンデミック前の段階で消耗症の子どもは4700万人いた。パンデミックに伴う家庭の貧困化と食料供給の混乱などにより栄養不良の割合が高まれば、1カ月に亡くなる子どもの数が1万人以上増える計算としている。

 ユニセフなどは消耗症予防や治療への支援を呼び掛けた。