【ニューヨーク共同】週明け27日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比77銭円高ドル安の1ドル=105円32~42銭となった。一時1ドル=105円12銭の円高水準をつける場面があった。ユーロは1ユーロ=1・1746~56ドル、123円79~89銭だった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和が長期化するとの観測が広がり、円買いドル売りが優勢となった。