【ワシントン共同】米ホワイトハウスは27日、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が新型コロナウイルスの検査を受け、陽性の結果が出たと明らかにした。症状は軽く、トランプ大統領やペンス副大統領については「感染のリスクはない」と強調した。米メディアによると、先週から出勤を見合わせ、自宅隔離を行っているという。

 ホワイトハウス職員の感染は断続的に確認されてきたが、オブライエン氏はこれまでの感染者で最高位となる。トランプ氏に日常的に接する立場の側近の1人が感染したことで、政権は警戒を強めているもようだ。