新潟県警南魚沼署は27日までに、自宅で大麻草を栽培したとして、大麻取締法違反の疑いで、県内に住む女子高校生(19)を逮捕した。種は海外のインターネットサイトから購入したといい、調べに対し「興味があり、サイトを探した。育てるのは初めてだった」と話しているという。

 逮捕容疑は3月下旬から7月7日までの間、自宅アパートの屋外にある共用階段の踊り場で、大麻草を栽培した疑い。署によると、大麻草は三つの植木鉢で、市販のライトや肥料を使って育てられていた。