大相撲7月場所9日目(27日・両国国技館)横綱白鵬は碧山をはたき込んで9連勝。新大関朝乃山も小結隠岐の海との取り直しの一番を上手投げで制し、全勝を守った。

 かど番の大関貴景勝は炎鵬を突き倒して6勝目。関脇正代は輝を押し出して勝ち越しを決めた。関脇御嶽海が2敗に後退。勝ちっ放しの白鵬と朝乃山を、正代と元大関で再入幕の照ノ富士が1敗で追う。

 十両は若元春と水戸龍が2敗でトップに並んだ。