有権者に秘書が香典などを提供したとして、公選法違反容疑で前経済産業相の菅原一秀衆院議員(58)を告発した東京都の男性が、菅原氏を不起訴(起訴猶予)とした東京地検の処分を不服として、検察審査会に審査を申し立て、東京第4検察審査会が受理したことが27日、分かった。

 男性の代理人の郷原信郎弁護士が27日、東京都内で記者会見して明らかにした。郷原氏は「審査で起訴相当の議決が出るのが当然だ」との考えを示した。