島根県出雲市は27日、新型コロナウイルス感染拡大のため、10月11日に開催予定だった第32回出雲全日本大学選抜駅伝を中止すると発表した。中止は台風で開催を取りやめた2014年以来、2度目となる。

 市は、大会を共同で主催する日本学生陸上競技連合と開催の可否を協議していた。

 市によると、大会のボランティアの半数近くが高齢者。日本陸連が定めたコロナ対策の指針では、65歳以上や基礎疾患を持つボランティアらには、重症化するリスクを認識した上で参加してもらうとしているが、市はボランティアら関係者の安全確保が困難と判断した。